データモデル

システム開発において、必要となるデータモデルは以下の3つ。

 

概念データモデル
論理データモデル
物理データモデル

 

目的・特徴は以下の通り

概念データモデル
実務上必要なデータの集まりと関係を洗い出し、まとめたもの。
システム対象範囲の設定に使ったりする
システム上のデータは意識しない
アウトプットは機能分野単位などで大きく捉えたER図など

 

論理データモデル
システム上のデータの形を定める(ER図からリレーショナルモデルを作成後、正規化などをするイメージ)
大体はリレーショナルモデルを使う
DB
製品はや処理効率は意識しない
DOA
に基づく場合、テーブルを正規化、最適化、一般化、安定化のプロセスを踏む。
アウトプットはリレーショナルモデル(リレーショナルモデルの場合)

 

物理データモデル
HW
DB製品を含む実装方法を定める
Index
、データ型、制約などを設定する


スキーマとは、何かの構造についての表現。DBの「構造」のこと
3
スキーマとは、3つの要素に分けてDBを定義する考え方(視点が違うイメージ。スキーマが違うと見ることができるViewが変わる)
3
つのスキーマは独立しているため、各々の変更が他に影響しない
3
スキーマはいくつか定義があるが、最もメジャーなものは以下の通り

 

外部スキーマ
 ユーザー視点のDB
 DBの機能・IFを定義する
 RDBではビューに相当する

概念スキーマ
 開発者視点のDB
 実際のテーブル、リレーションなどを定義する
 データ独立性を実現する
 概念スキーマを定義する設計のことを論理設計と呼ぶ

内部スキーマ
 物理的視点のDB
 ファイル名、サイズ、分割方法などを定義する

 

qiita.com